買ってきた漫画を晒すブログ






FC2カウンター



プロフィール

(゜д゜υ)

Author:(゜д゜υ)
ひたすら醜態を晒すだけです
( *╹◡╹*)



コミックダッシュ

コミックダッシュ! nanasi の所有コミック



ブクログ



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハードディスクとリムーバブルケース
Seagate Barracuda 7200シリーズ()
01s-ST3000DM001

9,158円(税込み)
7/17に Tsukumoにて平日大特価で購入。
7/20にはFreeTが週末大特価で20台限定7,990円。
コレはやられたわ。まぁ、価格.comの最安値よりは安いからよしとするか。


DIR-SG311
02s-DIR-SG311

ホットスワップ対応の5インチリムーバブルケース。
3,110円(税込み)


ST3000DM001の見た目
03s-ST3000DM001_2

ふつうのディスク。
WDのディスクと迷った。
けど、PCデータ移行の一時利用であることと、IntelliParkを踏まえてBarracudaに。


DIR-SG311の見た目
04s-DIR-SG311見た目

トレー無しの型番もあるけど、トレー付きに。


トレーにハードディスクを装着
05s-トレーにセット

ネジ4箇所で固定。

トレーをリムーバブルケースに装着
06s-トレーをDIR-SG311にセット

ネジとかなしでそのまま装着。


装着感
07s-装着

ツールレスのケースだから簡単装着。


前から
08s-装着見た目

見た目良し。


ディスクの管理
09s-ディスク追加

無事ディスクを認識。



スポンサーサイト

ブルースクリーン
ダーティシャットダウンを検知
パソコン放置して寝て、起きたらブルースクリーンによる
ダーティーシャットダウンから自動起動した状態だった。

ブルースクリーン

ダンプ解析はできない。
せめて表面上の原因きりわけでもできれば。。。

BCCode:0x4e
BCP1:0x07

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559014(v=VS.85).aspx
http://support.microsoft.com/kb/291806/ja

「Bug Check 0x4E: PFN_LIST_CORRUPT
A driver has unlocked a certain page more times than it locked it.」
上記を調べてみるとメモリ不良の場合も発生するようだ。

念の為メモリチェックしよう。
搭載メモリは8GB二枚の16GB。


POST診断
16GBで認識されている。
認識に問題なし。

POST結果


UEFI表示
16GBで認識されている。
認識に問題なし。
画面表示が乱れているのはHDMI接続で適切な解像度でないため。

UEFI結果


systeminfoコマンド結果
OSとしても16GB認識していて異常はなし。

systeminfo


perfmon /reportコマンド結果
エラーカウントなし。
問題なし。

診断


Windows メモリ診断結果
OS標準搭載機能でメモリの物理チェック。

Windows メモリ診断

実行完了後タスクトレイ部分に「異常なし。」のポップアップ出力。
(デスクトップ汚かったのでキャプチャはなし。)


memtest86+結果
memtest86+にて綿密にメモリチェック。
全部で2パス(おおよそ2時間コース)チェックしたが、Errorは0。
問題なし。

memtest86


メモリ壊れてないじゃん。
ソフト要因か一過性問題と思われる。
結局原因分からず。。。

メモリ買いなおすお金がかからなくて良かった。とポジティブに考えるべきか。
ダンプ取ったのでだれか解析してください。



Logicool Washable Keyboard k310
Logicool Washable Keyboard k310
洗えるキーボード!
なにかと汚れがつきやすい"キーボード" 洗える魅力!
見た目はコンパクト。

パッケージ

Logicool公式サイト


USBケーブル
保護カバーあり。細かい気遣い。
おかげで水洗いの際の破損も減るだろう。

USB


キー
スタイリッシュ

キー


全体
テンキーもついていますよ。

キーボード


現行キーボードと
今使っているCorsairの赤軸キーボードと。

そのほか


裏面
裏面は青色。ちょっとやすっぽいのが残念。

裏面


ハケつき
掃除用のハケがついている。

はけ


Windowsキー
右側にはWindowsキーはなし。その代わりにファンクションキーがついている。
何より、2000円台って言うのが評価ポイント。

windowsキー




パソコンのメンテナンス
パソコンのメンテナンス
夏で気温も高くパソコンへの負荷が厳しいこのごろ。
手間がかかるため普段敬遠しがちなメンテナンスを。

今回の作業ポイント
 ・Wi-Fi GO!モジュールの取り付け(緑枠)
 ・2段あるシャドウベイの内1つをはずす(赤枠)
 ・メモリスロットに干渉しているCPUクーラ用ファンを逆側に取り付ける(青枠)
 ・ホコリ掃除

作業ポイント_s

ストレージ
WDのBlueと、PLEXTORの限定SSD。
燃えるような紅蓮。素敵でしょ?

ストレージ_s


部品の取り外し
Wi-Fi GO!モジュールの取り付けはマザーボードに、I/Oパネルから顔を出すので、
マザーボードの取り外しが必要に...。
PC組み立て時にはじめから付けておくべきでしたねぇ。
拡張カード、CPUクーラファン、ケースファンなどなどをはずす。

取り外し_s


拡張カード
地デジチューナとRadeon HD 6670。
グラボは消費電力少ない方がいいのでハイエンド、ミドルレンジ製品には興味なし。

拡張カード_s


Wi-Fi GO!
マザーボードに取り付け。
あとは裏からねじ止めだが...。

Wi-Fi GO!_s


ねじ穴位置
ねじ穴の位置がマザーボード裏面右上。
メンテナンスホールでギリギリアクセスできたためマザーボードから取り外す部品が最小限ですんだ。

ねじ穴_s


無事取り付け
ねじ回しが大変だったが何とか成功。

取り付け_s

CPUクーラのファンを逆側に
メモリスロットと干渉していたので、逆(IOパネル)側に。
と言ってもメモリはフル搭載ではなく、16GB(8GB*2枚)なので干渉しても問題にはならないのだけど。
今後に備えて念の為。
逆側はマザーボード上にチップかVRM用のヒートシンクがあったけど特には干渉しない。
ただ、CPUクーラのヒートシンクに対してファンで風を当てる方が、
ヒートシンク方面から風を吸うより冷えるらしい。
シャドウベイどかして温度下がるからプラマイ0か。

干渉なし_s

メモリスロット_s


シャドウベイ取り外し
SSDとHDD1を同一シャドウベイに移動させて、不要なシャドウベイをはずす。
これでフロントファンの風が直接パーツに!

シャドウベイ_s


I/Oパネルへの取り付け
Wi-Fi GO!モジュールをマザーボードに固定したあとI/Oパネルから顔が出るように調整し、
マザーボードをPCケースに固定。

取り付け_s


I/Oパネル側から
ちゃんとWi-Fi GO!モジュールが見えている。

IOパネル_s
これで作業終了。

OS
OSあまりまくり。

 ・Vista Ultimate
 ・7 Professional(SP1適用済み製品版)
 ・7 Professional (DSP版)

Windows 8がごみだから今後に備えてWindows 7はいくら持っててもいいからね。

OS_s


そういえば、Wi-Fi GO!モジュール用にASUS Wireless Networkドライバを
インストールしたタイミングでネットから切断された。(たまたまタイミングが重なったか?)
再度プロバイダのパスワード入力したら繋がったけどなんだったんだろう。

ホコリ掃除しようと思ったのにエアダスターが切れてた。買ってこないと。




LCD-8000V
設定の備忘録かねて。


LCD-8000V
15kHz,25kHz,31kHzすべて映ると噂のLCD-8000V
公式製品ページ

LCD-8000V


LCD-8000VとCD大きさ比較
割と小型で持ち運びがしやすい。

LCD-8000VとCD大きさ比較


24インチディスプレイと比較
流石に24インチと比べると小さい。
作業用サブディスプレイとしては辛い。
LCD-8000Vで動画再生しつつ作業とかそんな感じなら問題なし。

24インチディスプレイと比較


動作検証
入力はVGA(ミニ D-Sub15ピン) ※一般的に言われるD-Sub15ピンです。
付属はミニD-Sub15ピンケーブル。
PC9801RXとの接続の際はミニ D-Sub15ピンからD-Sub15ピンへの変換必要。

問題なく24kHz映ること確認。よいよ。
15kHzの機器は今手元にないので未確認。
人柱になった人いわく、問題なく表示できるとの情報。

左側が切れてるのはディスプレイ設定まったく弄っていなかったからです。
水平、垂直位置をディスプレイ側で調整できるので問題なし。
dot by dot表示がないのはちょっと残念だけど、値段からしてパフォーマンスは良い。
電源供給がUSBタイプなので、変換アダプタ使えばAC供給にもでき便利。
USB経由での画像転送でないことから専用ドライバも不要な点も良い。

コンパイルソフト

イース

イース


サブディスプレイとしても
あたりまえですがパソコンにVGA出力があればサブモニタとしても使えます。
うちのパソコン、グラフィックボードにはVGA出力がなかったけれど
マザーボードにはVGA出力があった。
多くの環境の場合グラフィックボードを搭載すると
内蔵GPU(マザボの端子)での映像出力が自動で排他的に無効になる。
普段はHDMIでグラフィックボードからメインディスプレイに画面入力しているので
グラフィックボードでの出力を無効にできない。
グラフィックボードボとマザーボード両方の出力を有効にしたいところ。

内蔵GPUとグラフィックボード両方の出力を有効にする設定方法は
マザーボードによって違いますが、ASUSのP8Z77-V Proの場合
EFI起動し、

 Advancecd
   > System Agent Configuration
     > Graphics Configuration
       > iGPU Multi-Monitor
         > [Enabled]

で両出力を有効に。
Windows起動後、

 コンピュータの管理
  > デバイスマネージャ
    >ディスプレイアダプター
      > 右クリック
        >ハードウェア変更のスキャン(A)

を実行。
するとマザーボードからのVGAの出力も認識され、無事マルチディスプレイ環境に。
単純にEFIの設定変更だけではダメなのね。

サブディスプレイとしても







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。