買ってきた漫画を晒すブログ






FC2カウンター



プロフィール

(゜д゜υ)

Author:(゜д゜υ)
ひたすら醜態を晒すだけです
( *╹◡╹*)



コミックダッシュ

コミックダッシュ! nanasi の所有コミック



ブクログ



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LCD-8000V
設定の備忘録かねて。


LCD-8000V
15kHz,25kHz,31kHzすべて映ると噂のLCD-8000V
公式製品ページ

LCD-8000V


LCD-8000VとCD大きさ比較
割と小型で持ち運びがしやすい。

LCD-8000VとCD大きさ比較


24インチディスプレイと比較
流石に24インチと比べると小さい。
作業用サブディスプレイとしては辛い。
LCD-8000Vで動画再生しつつ作業とかそんな感じなら問題なし。

24インチディスプレイと比較


動作検証
入力はVGA(ミニ D-Sub15ピン) ※一般的に言われるD-Sub15ピンです。
付属はミニD-Sub15ピンケーブル。
PC9801RXとの接続の際はミニ D-Sub15ピンからD-Sub15ピンへの変換必要。

問題なく24kHz映ること確認。よいよ。
15kHzの機器は今手元にないので未確認。
人柱になった人いわく、問題なく表示できるとの情報。

左側が切れてるのはディスプレイ設定まったく弄っていなかったからです。
水平、垂直位置をディスプレイ側で調整できるので問題なし。
dot by dot表示がないのはちょっと残念だけど、値段からしてパフォーマンスは良い。
電源供給がUSBタイプなので、変換アダプタ使えばAC供給にもでき便利。
USB経由での画像転送でないことから専用ドライバも不要な点も良い。

コンパイルソフト

イース

イース


サブディスプレイとしても
あたりまえですがパソコンにVGA出力があればサブモニタとしても使えます。
うちのパソコン、グラフィックボードにはVGA出力がなかったけれど
マザーボードにはVGA出力があった。
多くの環境の場合グラフィックボードを搭載すると
内蔵GPU(マザボの端子)での映像出力が自動で排他的に無効になる。
普段はHDMIでグラフィックボードからメインディスプレイに画面入力しているので
グラフィックボードでの出力を無効にできない。
グラフィックボードボとマザーボード両方の出力を有効にしたいところ。

内蔵GPUとグラフィックボード両方の出力を有効にする設定方法は
マザーボードによって違いますが、ASUSのP8Z77-V Proの場合
EFI起動し、

 Advancecd
   > System Agent Configuration
     > Graphics Configuration
       > iGPU Multi-Monitor
         > [Enabled]

で両出力を有効に。
Windows起動後、

 コンピュータの管理
  > デバイスマネージャ
    >ディスプレイアダプター
      > 右クリック
        >ハードウェア変更のスキャン(A)

を実行。
するとマザーボードからのVGAの出力も認識され、無事マルチディスプレイ環境に。
単純にEFIの設定変更だけではダメなのね。

サブディスプレイとしても



スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。